免責事項

注意、免責事項について
・高電圧、大電流その他高エネルギを扱う実験を行う際にはくれぐれも安全に配慮し、細心の注意を払って行うようにしてください。
・当ブログの記事を参考にして発生した損害についてFEL研究室はいかなる責任も負えませんでご了承ください。
・当ブログに掲示している画像、動画及び文書の著作権は放棄しておりませんので、転載等の際はご一報していただくようにお願いします。
・何かありましたらkkt_322[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えてください)までご連絡ください。

2016年10月1日土曜日

DRSSTCの進捗

なかたです。

今回の記事の内容は以前からの予告通りDRSSTCの進捗についてです。
とりあえず悪くない動作をしてくれるようになりましたが、試運転するにはあまりにも大きな音がするためもう少し長い時間動かすと壊れちゃうのかもしれません。ヒートシンク熱くなってないしたぶん大丈夫です。たぶん。

今までうまく動かなかったのはCTの遅れのためかドライブがうまくいっていなかったみたいです(要検証)。

正直うまく動かなかった時の理由はいろいろあると思いますがよくわかってないので詳しい人に聞いてみてください(丸投げ)。

以下画像と動画です。

65cmぐらい放電するDRSSTCくんの図
入力電圧は80V


video
変なところで終わるのはあまりにも音が大きかったためです。


一応二台くらい作って二重奏したりしたいのでまたコイル巻くかと思います。
夏休み中にサボってたせいで苦労しそうですがまぁ、なんとかなるでしょう。



web拍手反応

>なかたさん、記事ありがとうございます。
>この調子で10月中にもう1記事おねがいします!

こちらこそ閲覧ありがとうございます。
これからは面白い記事ではないかもしれませんがとりあえず定期的に更新していこうと思います。


>お主、夢をみているな…?

お前は誰だ



>こんにちは、なかたです
>記事ありあがとうございます! この調子で10月も記事をたくさん書いちゃいましょう!

僕もなかたです。
こちらこそ閲覧ありがとうございます。
これからは面白い記事ではないかもしれませんがとりあえず定期的に更新していこうと思います。




>いつも楽しく拝見しております。
>ふと思ったのですが、KKTさんはなかたさんですか?(おずしが餃子なのでこうであってもおかしくあ>りません)

KKTと僕は三文字違うので実質別人では?




>お

 っ


http://clap.webclap.com/clap.php?id=fellabo

0 件のコメント:

コメントを投稿

何かあればお気軽にどうぞ。