免責事項

注意、免責事項について
・高電圧、大電流その他高エネルギを扱う実験を行う際にはくれぐれも安全に配慮し、細心の注意を払って行うようにしてください。
・当ブログの記事を参考にして発生した損害についてFEL研究室はいかなる責任も負えませんでご了承ください。
・当ブログに掲示している画像、動画及び文書の著作権は放棄しておりませんので、転載等の際はご一報していただくようにお願いします。
・何かありましたらkkt_322[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えてください)までご連絡ください。

2017年1月18日水曜日

デトネーションキャノン

なかたです。

以前から工作のテーマとしてエグゾーストキャノンに興味があったのですが手先が不器用、機構が複雑等の理由から手をなかなかつけていませんでした。

しかし最近エグゾーストキャノンと同等、それ以上のパワーをお手軽に出せるというデトネーションキャノンというものを知り、実際に作ってみました。
エグゾーストキャノンは高圧の空気を素早く排気し爆音を発生させているのに対し、デトネーションキャノンは爆轟(気体の熱膨張の速度が音速を越えて燃焼する現象)を発生させ爆音を得ているそうです。
デトネーションキャノンの動作原理としてはガスを管内に貯める→着火して燃焼→乱流促進体で加速→音速をこえ未燃焼ガスを圧縮→爆音&衝撃波発生みたいなものだと理解してます(理解してるとは言ってない)。


作ると言っても構造はこちらのものをそのまま真似させて頂いていますし、工作もお手軽なので非常に取り組みやすかったです。



詳しいことは全くわからないのでお勉強したらまた記事書くかもしれない


video


お手軽な工作で凄まじい爆音が得られて楽しかったです。


Web拍手反応

>KKT最近見かけないけどどうしたの?

お片付けしてたんじゃない?


>皮ポンチ

逆立ちしたら大変なことになりそう


>アド

アド


>前にユーチューブで動画を拝見させていただいたのですが、探しても見つからないのでもしよろしければURLの方をお願い致します。いつも陰ながら応援しています。

KKTくんと共通のYoutubeのアカウントは持っていないため、動画がどちらの作品のどの動画かわからず、その情報だけではURLもお教えできません…(すいません)。
どんな動画か、またなかたかKKTかどっちの動画かわかればURLがわかるかもしれません。
いつもFEL研究室をありがとうございます。これからももっと面白いブログにしていくつもりです。


次回の記事何にしようかなぁ~?

0 件のコメント:

コメントを投稿

何かあればお気軽にどうぞ。