免責事項

注意、免責事項について
・高電圧、大電流その他高エネルギを扱う実験を行う際にはくれぐれも安全に配慮し、細心の注意を払って行うようにしてください。
・当ブログの記事を参考にして発生した損害についてFEL研究室はいかなる責任も負えませんでご了承ください。
・当ブログに掲示している画像、動画及び文書の著作権は放棄しておりませんので、転載等の際はご一報していただくようにお願いします。
・何かありましたらkkt_322[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えてください)までご連絡ください。

2016年1月4日月曜日

一富士二鷹…?

なかたです。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
さて、1月1日というのはキリが良いようでこの時に一年のいざこざを誤魔化すのに丁度いいんですね。ちなみに僕はというと…


 このサイトを共同で運営しているなかたさんと(あともう一人と)遊びに行っておりました。
内容は酷いもので思い出すのも読者の方に失礼ですので唯一まともに行ったレールガンの発射実験(の写真)だけ記しておきます。

これがレールガン本体、なかたです。(回転寿司にて)

そしてこれが
的として御役目を終えたPETBOTLです。レールガン曰く弾体の初速は音速を超えてるそうで充電中も「充電開始!……60V……70V……80V……」と嬉しそうな声を漏らしておりました。

そして本記事シリーズの要でもある
(ドリ)ソリッドリアーチャマです。

KKTはレールガンの発射を生で見るのは二回目なので非常に楽しみました。
余談ですが、なかた「カッターマット抜けると思う?」→「カッターマット固ぇ」というやり取りも行われていました。





色々誤解もあるかと思いますが、今年もFEL研究室をよろしくお願い致します。 

それでは、今日はこの辺で。

0 件のコメント:

コメントを投稿

何かあればお気軽にどうぞ。