免責事項

注意、免責事項について
・高電圧、大電流その他高エネルギを扱う実験を行う際にはくれぐれも安全に配慮し、細心の注意を払って行うようにしてください。
・当ブログの記事を参考にして発生した損害についてFEL研究室はいかなる責任も負えませんでご了承ください。
・当ブログに掲示している画像、動画及び文書の著作権は放棄しておりませんので、転載等の際はご一報していただくようにお願いします。
・何かありましたらkkt_322[at]yahoo.co.jp([at]を@に変えてください)までご連絡ください。

2016年8月7日日曜日

銅管曲げ

こんばんは。KKTです。なかたが記事を書きません(直球)。
前回記事の通り砂遊びをしましたので見てください。

とても楽しかったです。
というのは冗談ですが、上の草はさておき買ってきた砂は湿っていたのでまず外で乾かしました。以下、用意するのは銅管、テープなどです。

次に漏斗を用意します。
僕が作りました。穴径は銅管の外側の直径に合わせます(合わせなくても良い)。

砂を銅管に詰めます。パンパンに詰めましょう。多いに越したことはありません。

これでなんと銅管を潰さずに曲げることができるのです!

御覧ください。雑な工作の僕でも丁寧な人が雑にやったくらいのものができます。
 いやぁ、素晴らしいですね。

完璧に曲げることができました。

これで今まで潰れて曲げれなかった銅管も簡単に曲げることができますね!
注意点としては一度曲がってしまった銅管は元に戻らないのでお気をつけて。

それでは、今日はこの辺で。

0 件のコメント:

コメントを投稿

何かあればお気軽にどうぞ。